FC2ブログ

2016/3/10

2016031001.png

GAP+17

続きを読む»

スポンサーサイト



2016/1/13 (水)

2016011301RESULT.png

GAP+21

MAR パニックの形を取りに行くが、戻す。クアトロではない。
ESRX 大ギャップを狙いに行くも、反転。あとで見ると、80.45付近が下値抵抗線。
ROST 33分でこれ以上よい銘柄がなかったためエントリー。
QCOM マーケットに方向性がでてきたため、エントリー。
NXPI ミスエントリー。ADBEと誤認。
ADBE クアトロサイドだが、すぐ上に抵抗線。

ESRX の波乱はイベントが起きたと思い、エントリーしたところからリズムが狂った。
下値抵抗線の見落としでショートサイドエントリー。
この段階で入るならロングサイドにリバーサルエントリー。ルール設定がなされていなかった。

パニックの形は、クアトロサイドで抵抗線がなくマーケット方向が安定していないとうまく動かない。

早い時期の動きを逃したくないため、FIBOラインでエントリーをするも、反転する場合がある。
FIBOでエントリーするか、3分待つかの判断を決めなければならない。

【動画による反省】
30分
ESRXは方向性が安定していない。ボトムスキャンからは消えたり
31分
ESRX ROST MAR はすべてギャップ順方向への動き
31分19秒でMARエントリー時は、動きあり。ジャスト執行でない場合は戻しに注意。

ESRX ROST MARはブレイクスキャンからも消えたり表示されたりしていて方向性が安定しない。
しかし、ブレイクスキャンが表示されない時は、動きが逆行している時。

NQC5は
1分 陰線 2分 陽線 3分 陰線 4分 陰線 と方向性が安定しない

ESRXはエントリー前に抵抗線の確認をするべき。ギャップ順方向では、確認しなければならない。

33分の段階で、ボトムスキャンのブレイク表示がないということは、大口は入ってきていない。

プレイに夢中で、現状を忘れがち。今日は、呑み込みもなく、リバーサルもない日。
無理する日ではない。





続きを読む»

2015/12/4 (金)

2015120401RESULT.png

GAP+13

ROSTとWBAは無計画なトレード

小ギャップの時は、動きが安定しないため同時エントリーは3つとし、ロットを倍でエントリー。

もともと、動きが悪いときにロットを増やすことでリスクを上げてしまった。

また、ROSTとWBAは様子見でエントリー。あとで見返すと、抵抗線上。

マーケット開始直後、エントリーをするかしないかの判断をどうするか。

小ギャップの日でも、動きがある場合がある。

続きを読む»

2015/11/19

2015111901RESULT.png

GAP +3

動かず。最初の3銘柄は振られて手じまい。

方向性がはっきりしない時は、複数エントリーした銘柄の管理が難しくミスが出やすい。

その後、クロスプレイののみこみからのスカルピングで単銘柄でEXPEに入る。抵抗線の跳ね返りで脱出。

続きを読む»

2015/11/6 (金)

2015110601RESULT.png

GAP -3

問題があったので記録します。
1 ルール通りにしていないことが問題。2分で示されていないSWKSに入りやられる。
2 SWKSの動きが早く、カットロスのマイナスー150目安を大幅に超える。

ボトムスキャン1分の段階で示されていたSWKSもMARよりはとれそうだと思い、エントリーしてしまった。

クイックマジックオールプレイは、人の目での銘柄選択をなくすことがメリットだと思う。
人の目に見えるチャートがきれいでも、とれるとは限らない。

続きを読む»