FC2ブログ

2015/12/28 (月)

2015122801RESULT.png

GAP-16

ボトムスキャンで初期の銘柄を見つけ、ブレイクスキャンでトレンド方向を確認する。

動画キャプチャでボトムスキャン、クロススキャン、1分足チャートの動きを録画した。
もう一度見返すと、見落としが多いことに気づく。

複数銘柄同時エントリーでは、一つの銘柄の作業中はほかの銘柄の監視はできない。
・一つの動作にかかる時間を短縮する。
・作業がおわったら、チャートをチェックするルーチンを作成する。

マーケット開始直後は、銘柄選択、エントリー、カットロスラインの設定、の作業が忙しい。
方向性が決まって、ホールドの態勢になれば、時間に余裕ができる。
開始直後の作業がスムーズにいくようにしたい。

続きを読む»

スポンサーサイト



2015/12/23 (水)

2015122301RESULT.png

GAP +24

方向性がはっきりしない

両方向動かず。3分で1銘柄のみ該当。その後少し動くが戻す。
呑み込みも、パニックも発生せず。
開始直後の動きで、動かないだろうと思ったが、動かない。

開始から3分以内の動きを判断しなければならない。どこの動きをどう確認するのかが課題。

続きを読む»

小休止

ちょっとしたけがをしてしまった。
なので、体の回復時間を確保するため睡眠時間を多くしなければならなくなった。
仮眠を含むトレード計画がスケジュール通りいかなくなったので、トレードは小休止。
(現在は、朝、夕、夜を約10分刻みで生活スケジュールを決めている。)

2015/12/18 (金)

2015121801RESULT.png

GAP -20

ギャップダウンリバーサルを想定されるが…。
ギャップサイズがそれほど大きくないのと、動き出しがダウントレンド、NQC5が呑み込み、個別銘柄がパニックパターン
のために、ショートサイドエントリー。

パニックの利益を狙い、保持はブレイク&ホールドを選択。(ブレイクしたら、エントリーポイントに戻らない限りホールド)
1時間30分ほど見ていたが、時間内に大きなパニックは起きず、トータルでのマイナス。
チャート上は、利益があるように見えるが、実際は薄利。

TXNは、カットロスポイントをもう一段深くとっても良いかもしれない。

最初のエントリーが遅れたこと以外は、執行はほぼ計画通り。


続きを読む»

2015/12/17 (木)

2015121701RESULT.png

GAP+16

ホールドかピークで脱出か迷う。

結果的には下げているが、戻しが大きく、カットロスに引っかかる。

続きを読む»

2015/12/17 (MOKU

2015/12/16 (水)

2015121601RESULT.png

GAP+38

続きを読む»

2015/12/15 (火)

2015121501RESULT.png

GAP +39

続きを読む»

2015/12/14 (月)

2015121401RESULT.png

GAP-0.8

カットロスが浅くてひっかかる

続きを読む»

2015/12/11  (金)

2015121101RESULT.png

GAP-66

SWKS入る必要なし。

続きを読む»

2015/12/10 (木)

2015121001RESULT.png

GAP-4

小ギャップの時の、エントリー方法を再考する。次回から両方向エントリーテスト。

ADBEのカットロスが薄い。サブガイドまで我慢が適当か。

ISIS FSLR は追っかけのトレード。

続きを読む»

2015/12/9 (水)

2015120901RESULT.png

GAP -21

程よいギャップ

動き出しは、今日の動き出しは3分より早いものが多い。
CMCSAは観察するもエントリーなし。

LULUがきちんととれると大きいが、瞬時に値段を把握することが難しい。

続きを読む»

2015/12/8 (火)

2015120801RESULT.png

GAP-49

大きな方向性はあっている。とりどころのはずだが、戻しのためとれない。


ブレイクした後、エントリーポイントまでもどしてしまっているため脱出。

続きを読む»

2015/12/7 (月)

2015120701RESULT.png

GAP-3

続きを読む»

2015/12/4 (金)

2015120401RESULT.png

GAP+13

ROSTとWBAは無計画なトレード

小ギャップの時は、動きが安定しないため同時エントリーは3つとし、ロットを倍でエントリー。

もともと、動きが悪いときにロットを増やすことでリスクを上げてしまった。

また、ROSTとWBAは様子見でエントリー。あとで見返すと、抵抗線上。

マーケット開始直後、エントリーをするかしないかの判断をどうするか。

小ギャップの日でも、動きがある場合がある。

続きを読む»

2015/12/03 (木)

2015120301RESULT.png

GAP+20

最後にSBUXとILMNが残り、カットロスの損失分を処理しようとして、ILMNを利確した。
ILMNは予定した抵抗線までは伸びた。

SBUXの利益幅が頭に入っておらず、残してからあまり利益が伸びないことに気づいた。

AMGNは、パニックパターンであったために、再度エントリーしたが、反発でカットロス。

続きを読む»

2015/12/02 (水)

2015120201RESULT.png

GAP+2

終値呑み込みの銘柄がきれいには動かない。

ギャップ正方向へのQCOMは反転も大きく早い。
抵抗線での反転なので脱出はわかりやすいはずだが、利益を期待してホールドしたが大きく下げる。
マイナスが先行すると、保持が長くなる傾向がある。
複数保有では、最初に不要な銘柄をカットするため、マイナススタートが多いのは仕方ないがだが。

続きを読む»

2015/12/01 (火)

2015120101RESULT.png

GAP+21

続きを読む»

2005/11/30 (月)

2015113001RESULT.png

GAP +12

11月のマーケットではプロフィットを十分に伸ばすことができなかった。

続きを読む»